Sコース・資格 SCOURSE / LICENSE

PBL(課題解決型学習) Project Based Learning

正解のない問題へ挑戦するとで、社会人に必要な能力を身につける

本学では、学修した専門知識を活かすため、企業や地域が抱える課題を解決するための実践的なプロジェクトを多数用意しています。これらのプロジェクトを通して、物事の筋道を立てて考えることのできる「論理的思考力」や、仲間の意見を尊重しながら物事を進めることのできる「協調性」などを身につけ、自ら課題を発見し解決する能力を養うことができます。

プロジェクト例

01八尾市商業活性化プロジェクト

2013年、本学と八尾市が結んだ包括連携協定の一環として始まったプロジェクト。八尾市にある商店街が抱える課題解決に向けて、学生自ら商店街に赴きアンケート調査をするなどフィールド活動を実施し、地域の魅力を発信するフリーペーパー「やおセレクション」を企画制作しました。毎年改善を重ね、今年はVol.5を発刊。「八尾の歴史に残る仕事」をめざし、活動を続けています。

  • 学生たちが企画制作し、現在5号まで発刊。
  • デザインについてデザイナーと打ち合わせ

プロジェクトのプロセス

  • ①商店街活性化のため、店舗ヘヒアリング
  • ②調査から導いた課題を設定
  • ③課題解決のための情報誌企画を策定
  • ④コンセプト設定のための実態調査
  • ⑤商店街や店舗へ取材・撮影
  • ⑥デザイナーと協議し、原稿制作
  • ⑦原稿(ゲラ)の校正
  • ⑧「やおセレクション」発刊

02FASHION LEADERSプロジェクト

観客動員数約4,000名のエンターテインメントショー「FASHION LEADERS」の認知拡大と新規顧客開発の依頼を受け、プロジェクトを発足。広報と企画営業の2チームに分かれ、ターゲットの心理を意識しながら、営業・広報活動を実施。実際の企画・運営を通じて、主体性や、渉外能カ、プレゼンテーション能カ、自己管理能力など働く上で必要となる能力を修得できます。

  • 関コレ社にて、FASHIONLEADERSの事前打ち合わせ
  • プレス担当として、プロがモデルからコメント撮り

プロジェクトのプロセス(例:企画営業チーム)

  • ①目的:新規クライアント開拓
  • ②関コレ社の営業担当者と営業同行
  • ③クライアントリストの作成(約80社)
  • ④テレアポマニュアルの作成~テレアポ
  • ⑤2社からアポイントを獲得!
  • ⑥それぞれの企業へ訪問
  • ⑦企業が抱える課題をヒアリング
  • ⑧課題解決のための企画を鋭意策定中

03POPCORNプロジェクト

USJ等、大阪を中心に店舗を構える「ポップコーンパパ」を展開する(株)Dreamsとの連携で新商品開発に挑戦。学生発案のコンセプトは「子供だけでなく大人も笑顔にする」。ターゲットの選定や、味、パッケージデザインに至るまで何度も協議し、誕生した「八尾えだまめ」味。八尾の特産品を使用したこの商品は、消費者から大好評を得ました。

  • 材料のえだまめを農家の方と協力して調達
  • 協議をかさねて誕生した「八尾えだまめ」味

プロジェクトのプロセス(例:企画営業チーム)

  • ①プロジェクトチームで何度も企画会議
  • ②企業ヘプレゼンテーション
  • ③コンセプト策定~ラベルデザイン提案
  • ④市内の農家から材料を調達
  • ⑤レシピ開発(えだまめフレーバーの開発)
  • ⑥「八尾えだまめ味ポップコーン」が完成!
  • ⑦ネットショップで販売
  • ⑧完売

04珈琲プロジェクト

サードウェーブコーヒーが広まりをみせる中、未だ認知は低いが産地や風味などにこだわった良質の「スペシャルティコーヒー」を知ってほしいという田代珈琲(株)の依頼を受け、遂行したプロジェクト。市場調査や認知度拡大の為の企画を検討し、実際にイベント会場に出店。更に、店舗運営にも挑戦しました。

  • 教わったドリップ技術で実際にコーヒーを提案
  • 広告店頭レイアウトの検討のために本店を見学

プロジェクトのプロセス

  • ①田代珈琲にプロジェクトを提案
  • ②ターゲット・コンセプトを策定
  • ③広告・店頭レイアウトを検討
  • ④バリスタ・ドリップ技術の研修
  • ⑤文化祭に出店、大盛況のうちに終了!
  • ⑥珈琲プロジェクトの継続が決定

05河内木綿プロジェクト

大学のある八尾市の伝統文化「河内木綿」を現代的な発想で製品化し、世界に発信して地元八尾市を活性化しようというのが「河内木綿プロジェクト」です。木綿の栽培・収穫から、商品の企画・製造・販売と、6次産業をリアルに体験しながら、さまざまな課題解決に取り組んでいます。

  • 商品開発のために現場で打ち合わせ
  • 学生自ら藍染し、商品を製造

プロジェクトのプロセス

  • ①学園祭での藍染体験イベント
  • ②学内で河内木綿を有機栽培
  • ③綿つみ、糸つむぎ、機織り
  • ④藍染、紋様デザイン
  • ⑤伝統文化体験イベントの開催
  • ⑥オリジナル商品の企画・開発
  • ⑦SNSで河内木綿を世界に発信