CAMPUSサーバ利用ガイドライン

情報科学センター

第1条 本ガイドラインは、CAMPUSサーバの円滑な運用を目的とし、当該サーバの利用およびホームページの公開に関して必要な事項および基準を定めるものである。

第2条 CAMPUSサーバを利用できるのは次の者とし、利用にあたっては情報科学センター長の許可を必要とする。
  1. 本学の教員、学生または特別研修生
  2. 演習(総合演習含む)を担当する教員および所属学生によるグループ
  3. 大学公認の学友会団体・クラブ・サークル
  4. その他情報科学センター長が許可した者
第3条 一利用者が利用できるサーバ容量は原則として10MBとする。但し、特別な事情のある場合は情報科学センター長の承認の上、10MB以上の利用を許可する。

第4条 CAMPUSサーバのドメイン名はhttp://campus.keiho-u.jpとし、それぞれ利用者ごとにURLを以下の形式に従って付与する。
  1. 本学の教員、学生または特別研修生
      http://campus.keiho-u.jp/class/****/
  2. 演習(総合演習含む)を担当する教員および所属学生によるグループ
      http://campus.keiho-u.jp/seminar/****/
  3. 大学公認の学友会団体・クラブ・サークル
      http://campus.keiho-u.jp/council/****/  (学友会団体)
      http://campus.keiho-u.jp/club/****/    (クラブ)
      http://campus.keiho-u.jp/circle/****/ (サークル)
  4. その他については適宜指定
第5条 CAMPUSサーバを利用できる期間は、次の通りとする。
  1. 学生は、原則として在籍期間中とする。
  2. 演習(総合演習含む)を担当する教員および所属学生によるグループは、申請日の翌年四月一日までの期間を原則とし、それぞれの実情にあわせて調整する。
  3. 大学公認の学友会団体・クラブ・サークルは、その団体の解散日までとする。
  4. その他については適宜指定した期間とする。
第6条 ホームページの内容が陳腐化しないために、制作者はできるだけ定期的に内容を更新・維持・管理するよう努力すること。なお、第5条の定めに関わらず、最後の更新日より一年以上まったく更新されていないページは事前通告なく削除し、当該利用者の利用権を取り消すことがある。

第7条 ホームページの内容に関する一切の責任はすべて制作者が負うこと。演習のグループ単位で制作したページは担当教員、学友会団体・クラブ・サークルが制作したページの場合はその代表者を制作者とする。

第8条 学内外のネットワークやその利用者に混乱や負担を生じさせるようなホームページを制作しないこと。特に、CGIその他ネットワークに著しい負荷をかける恐れ性のある技術の利用は原則として許可しない。特別な事情がある場合に限り、情報科学センター長の承認をもって利用を許可する。

第9条 例え自己のものであったとしても、自宅住所や電話番号などの個人情報をむやみに誰もが閲覧できる状態にしないこと。

第10条 利用者は次の各号の行為を行ってはいけない。
  1. 法律・公序良俗・本学の学則その他諸規程に反する行為
  2. 本学および第三者の権利・名誉・社会的信用を著しく傷つける行為
  3. 営利を目的として行う継続的な活動
  4. 宗教活動および政治活動への利用
  5. 虚偽の情報を公開する行為
  6. 違法行為または脱法行為を助長するような行為
第11条 前条に反する行為があると認められる場合、情報科学センター長は当該ページおよびその制作者を調査することができる。その結果違反の事実が判明した場合、行為の内容や程度に応じて以下の処分を命ずることができる。
  1. 改善勧告
  2. 公開停止
  3. 削除
  4. 利用権停止
  5. 利用権剥奪
第12条 本ガイドライン以外に必要な事項については別に定めて公示する。

附則 本ガイドラインは2001年10月1日よりその効力を発する。

以上