トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 憲法概論 〈憲法総論〉
   General Theory on Constitutional Law
授業科目区分
法学部専門教育科目・公法系
担当者 山本 健人(助教)
グレード G2
テーマ 憲法の全体像
キーワード 憲法総論,人権,統治機構,憲法史
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1秋・2・3・4
単位数
2
コース 1年生 (法)学部基本科目
2年生 (法)学部基本科目
3年生 (法)学部基本科目
4年生 (法)学部基本科目

授業の目的及び概要 本講義では、憲法学及び日本国憲法の基礎的知識を学ぶことで、その全体像を把握することを目的とします。
とりわけ、今後憲法学を深めていく上で、躓きやすいポイントや最重要と思われる点に絞って講義します。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) 本講義は、憲法学及び日本国憲法の基礎的な知識を得る科目です。
また、「自由、平等、民主主義などの価値原理を基礎とする、法と政治に関する基本的専門知識を体系的に理解」するためのものと位置付けられます。
学修の到達目標 本講義の到達目標は、
①立憲主義をはじめとする憲法学の基本概念を説明できるようになること
②憲法史について正確な知識を身に付けること
③日本国憲法の全体像について理解し、ニュースなどで取り上げられる憲法問題を説明することができるようになること
授業の方法 講義形式で行います。また、映像授業を行うことも予定しています。
授業外の学修(予習・復習等) 事前にテキストを一読し、理解が難しい点などを明らかにしたうえで、講義を受けるようにしてください。また、日ごろからニュースなどを通して、社会問題に対してアンテナを張るようにしてください。
テキスト・参考書 テキスト
・駒村圭吾編『プレステップ憲法〔第2版〕』(弘文堂、2018年)

参考書
・曽我部真裕、見平典編著『古典で読む憲法』(有斐閣、2016年)
成績評価の基準・方法 定期試験(60%)、コメントペーパーなど(40%)
この科目の履修にあたって 高校までの社会科の授業で憲法について勉強してきたと思います。多くの人にとって憲法は暗記の対象だったのではないでしょうか。大学では、そこから進んで、法学的に憲法の存在理由や、憲法の解釈論を勉強していきます。馴染みがあるようで奥深い憲法について本講義でその概要をつかみましょう。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス・憲法とは何か

講義の進め方などについて
憲法がなぜ必要かについて

第2回 憲法の基礎

立憲主義を中心とする憲法の基本原理について

第3回 憲法の最高法規性と違憲審査

憲法が国家の最高法規であることと、違憲審査という制度について

第4回 日本国憲法史

日本国憲法の歴史的展開について

第5回 象徴天皇制・平和主義

日本国憲法の特色である象徴天皇制と平和主義について

第6回 統治機構①

立法権、行政権、司法権のいわゆる三権に関する制度及び権限について

第7回 統治機構②

同上

第8回 人権総論

人権と憲法上の権利の違いや権利の享有主体について

第9回 精神的自由①

思想・良心の自由、信教の自由と政教分離について

第10回 精神的自由②

表現の自由、学問の自由について

第11回 経済的自由

職業選択の自由、財産権について

第12回 適正手続き

刑事手続に関する憲法上の規定を中心に

第13回 社会権

生存権を中心に

第14回 幸福追求権と平等

憲法13条の意義について
法的な「平等」とは何かについて

第15回 まとめ

本講義の内容をまとめる