トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 ジャーナリズム論
   Theory of Journalism
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・コミュニケーション科目群
担当者 森榮 徹(教授)
グレード G3
テーマ ジャーナリズムの現状と変容を理解する。
キーワード ジャーナリズムの意義と役割,ジャーナリズムの担い手,ジャーナリズムの今後の姿
開講年度
2018
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 ジャーナリズムは、単に現実社会の事象を報道するというのではなく、社会に貢献するという理念に基づき、種々の課題を掘り起こすとともに、その意味や背景をわかりやすく示すことが求められる。この授業では、ジャーナリズムに関する基本理念や理論、現状等を具体的な例を挙げて解説し、理解を深めることを目的とする。授業では、多様化・複雑化するグローバル社会において、ジャーナリズムが本来の役割を果たすための課題についても考察する。
履修条件 特になし。
様々なメディアが展開する社会的論評に関して関心がある学生の参加を望む。
科目の位置づけ(DPとの関連) 国際学部専門教育科目・専門発展科目・コミュニケーション科目群で、グレードはG3です。
異文化理解・多文化共生を育む幅広い国際性と学際性を素地として、
①グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につける
②国際社会の多様性を尊重しつつ、同時に自己のアイデンティティをもって行動することができる能力を修得する
③異なる価値観や文化的背景をもつ他者と協力し、社会の一員として活躍できる能力と生涯にわたる就業力を身につける――ことを目指します。
学修の到達目標 1.様々なメディアが展開・発信する社会的論評や断片的情報から議論の流れや、その源流にある事実を確認する能力を身につける。
2.錯綜する情報が、どこから発信され、どのような経路を経て変質したり混乱したりするのかを俯瞰的に把握する力を身につける。
3.1~2の過程を経て獲得した情報をもとに、わが身をどう処すればいいのか、自ら回答を見出す力を身につける。
授業の方法 教員が提供する素材をもとに、「授業の目的」「科目の位置づけ」「到達目標」に示した要目に適合するような議論、ディベート、意見発表、集約・整理を繰り返す演習的学修を基本とします。
これらの過程に積極的に関わり、発言し、他者の意見を聞き、自分の考えをまとめる訓練に取り組んでください。
授業外の学修(予習・復習等) 様々なメディア(新聞・テレビ・インターネット・SNS)に接して関心あるテーマを見つけ出し、自分で考えるとともに、教室の仲間とともに議論する素材として、積極的に提案してください。
テキスト・参考書 わが身に飛び込んでくるあらゆる情報が参考素材となります。教室での議論をもとに、さらなる文献や資料を探し、見つけ出したものが新たなテキスト・参考書となります。
必要に応じて、参考情報を紹介します。
成績評価の基準・方法 授業への積極的な参加姿勢(60%程度)と期末レポート(40%程度)により、総合的に評価します。
この科目の履修にあたって 積極的に発言すること、他者の意見を受け入れて自らの考えを練り直すことを通じて、様々な事象(ジャーナリズムとしての論評など)への理解を深化させ、自らの発表能力を磨くよう心掛けてください。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の概要と進め方の説明とともに、学生の意見を聞き、全員で相談する。

第2回 事件・事故など

身近で起きた出来事(事件・事故など)に関する事実報道、論評を素材として考える。

第3回 入試制度の改革、働き方改革など

身近で起きた教育・労働問題(入試制度の改革、働き方改革など)に関する事実報道、論評を素材として考える。

第4回 選挙制度改革や憲法改正など

身近で起きた政治問題(選挙制度改革や憲法改正など)に関する事実報道、論評を素材として考える。

第5回 前3回の復習

前3回の授業で行った議論をさらに深める討論をする。

第6回 日米間の諸問題、米国国内の問題

国際的な問題(日米間の諸問題、米国国内の問題)に関する事実報道、論評を素材として考える。

第7回 日本と韓国、北朝鮮、中国に関わる問題

国際的な問題(日本と韓国、北朝鮮、中国に関わる問題)に関する事実報道、論評を素材として考える。

第8回 中東情勢や各地で起きる内戦、テロなど

国際的な問題(中東情勢や各地で起きる内戦、テロなど)に関する事実報道、論評を素材として考える。

第9回 前3回の復習

前3回の授業で行った議論をさらに深める討論をする。

第10回 時事的テーマ(その1)

総合的な問題(時事的テーマを選びます)に関する事実報道、論評を素材として考える。

第11回 時事的テーマ(その2)

総合的な問題(時事的テーマを選びます)に関する事実報道、論評を素材として考える。

第12回 時事的テーマ(その3)

総合的な問題(時事的テーマを選びます)に関する事実報道、論評を素材として考える。

第13回 レポートへの取り組み

前3回の授業で行った議論をさらに深め、各自が選んだテーマに関するレポートの書き方について議論する。

第14回 プレゼンテーション

レポートの提出と、各自のレポート内容に関するプレゼンテーション。

第15回 まとめ

レポート、プレゼンテーションに関する総合的な講評と、今後の学習について議論する。