トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 現代中国事情
   Contemporary China
授業科目区分
国際学部専門教育科目・専門発展科目・国際理解科目群
担当者 和田 英男(講師)
グレード G3
テーマ 世界、そして日本から中国を見つめ、中国を「理解し意見を持つ」
キーワード 現代中国,近現代中国政治史,国際社会における中国,日中関係,米中関係
開講年度
2018
開講時期
配当年次
3・4
単位数
2
授業の目的及び概要 この授業では、現代の中国を巡る国内及び国際的な政治経済情勢への関心を高め、俯瞰的でバランスの取れた理解が得られることを目指す。具体的には、現代中国の基本構造を、一党体制や一国二制度等の国内体制や法制度、軍事、資源や海洋政策といった体外的な政治経済政策等から解説することに加え、改革開放政策導入以来の経済急成長に伴って生じた諸々の社会的及び文化的現象をも取り上げながら、中国社会の現在と行方、その全体像を把握する。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目は、学位授与の方針(DP)が定める能力のうち、「1.グローバル化する現代社会の諸問題を理解し、理論と知識をもってその解決に向けて自ら考え、取り組む姿勢を身につけている」に該当します。
学修の到達目標 この授業の到達目標は以下の3つです。①様々な角度(歴史・政治・経済・国際関係など)から現代中国への理解を深める。②中国の現在と将来を歴史的な文脈から理解する。③授業で学んだことをきっかけにして、知りたいと思う点を自分で調べ、中国に対して自分なりの意見を持てるようにする。
授業の方法 授業では毎回レジュメを配布し、それに基づいて講義を行います。また、授業終了時にコメントペーパー(授業の感想や質問)を提出してもらい、できる限り双方向の授業が行えるようにします。
授業外の学修(予習・復習等) 事前学修として、中国に関するニュースなどを調べ、気になる点や興味のある話題を見つけておいてください。授業後はレジュメや自身で書いたメモを見返して、学んだ内容を復習するようにしてください。第13回、第14回にブックレポートの発表をみなさんに行ってもらう予定ですので、現代中国に関する本を1冊選ぶようにして下さい。どんな本を選べばいいかについての相談には随時対応いたします。第7回では全体に向けてブックレポートの書き方について詳しく説明する予定です。
テキスト・参考書 教科書:指定しません
参考書:光田剛編『現代中国入門』筑摩書房、2017年。
成績評価の基準・方法 評価方法:期末テスト(50%)、ブックレポート(30%)、コメントペーパー(20%)
この科目の履修にあたって みなさんは「中国」という言葉にどんな印象をもっていますか?「中国」といっても、その言葉が人々に与えるイメージが同じとは限りません。狭い意味での「中国」は国家としての中華人民共和国を指すだけかもしれませんが、もっと広い意味での「中国」には、料理や漢字をはじめとする様々な文化や、普通話をはじめ様々な方言を有する中国語、そして今よりももっと以前に存在した王朝も含まれるでしょう。このように、私たちが考える以上に多様性に富んだ「中国」という存在を理解するにはどうすればいいのでしょうか?日本社会、特に一部の書籍やインターネット上には客観的でバランスが取れているとは言い難い情報が溢れているのも事実であり、中国についてどこで、どのように情報を摂取すればいいか分からない、という方もおられることでしょう。この授業では、現代中国について、様々な角度からバランスの取れた理解を得られることを目的とし、今起こっている問題や話題になっているできごとが、以前のできごととどのように関係しているのかを少しでも把握できるようにします。また、ブックレポートを通して、授業や読書で獲得した知識を基に自分なりの意見をもつことができるようになってもらえればと考えています。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 イントロダクション

授業の進め方や成績評価の方法など、授業の概要を説明します。

第2回 現代中国政治史の基礎知識

現代中国を知る上で欠かすことのできない歴史的事象(できごと)を学びます。

第3回 政治制度と法

現代中国の様々な政治制度と法(特に憲法)について学びます。

第4回 経済と改革開放

経済の変化と、それに大きな影響を与えた改革開放政策について学びます。

第5回 多様化する社会

改革開放によって大きく変化した社会と、それに対する人々の反応について学びます。

第6回 軍事・海洋政策と国際関係

近年の軍事・海洋政策とそれに関する国際関係について学びます。

第7回 ブックレポート発表にむけた全体説明

事前に行う(予定)アンケートを基に、ブックレポート発表に向けたアドバイス(本の選び方、読み方など)を全体に向けて行います。

第8回 映画と現代中国①

映画を素材として、現代中国の歩んだ歴史を振り返ります。

第9回 映画と現代中国②

映画を素材として、現代中国の歩んだ歴史を振り返ります。

第10回 中国と日本

日中関係について、1972年の国交樹立を中心に学びます。

第11回 香港・マカオ、台湾

香港やマカオ、台湾について学びます。

第12回 中国とアメリカ

2つの大国であるアメリカと中国の関係について学びます。

第13回 ブックレポート発表①

みなさんが選んだ本について簡単に紹介してもらった後、全体でディスカッションします。

第14回 ブックレポート発表②

みなさんが選んだ本について簡単に紹介してもらった後、全体でディスカッションします。

第15回 まとめ

授業全体の総括を行います。