トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本語Ⅵ
   Japanese Ⅵ
授業科目区分
日本語および日本事情に関する科目
担当者 久保田 育美(講師),高月 喜美(講師),仲本 早紀(講師),藤井 瑠美(講師),丸島 歩(准教授),渡邉 映子(講師)
グレード G2
テーマ 日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、幅広い場面で使われる日本語への理解を目指す。
キーワード 文法,作文
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 本科目は、JLPT N2以上の学修者を対象に、より高度な日本語の運用能力を養成することを目的とする。日本語Ⅴでの学修と合わせて、大学での専門学修やひいては大学卒業後に日本での就労も視野に入れ、特に大学での専門学修に必要な読みの能専門分野の書籍の講読や、議論への参加が可能になることを目指し、本科目では①詳述に必要な文法の学修、②自然に近いスピード、まとまりのある会話やニュースを聞く聴解練習等の学修をとおして、「聞く・書く」の受容・産出能力を向上させる。
履修条件 ①留学生であること、②日本語Ⅴを同時に履修すること。
科目の位置づけ(DPとの関連) 共通教育科目・基礎科目・留学生科目です。プレ―スメントテストによってクラスを分けます。
学修の到達目標 本科目の到達目標は以下のとおりです。
①特に耳慣れない話し方をする話者の場合には、時々細部を確認しなければならない場合があるが、自分の専門外の抽象的で複雑な話題についての長い発話にも十分についていける。(C1 受容)
②また、幅の広い慣用表現や口語体表現が理解でき、言語の使用域の移行を正しく認識できる。(C1 受容)
③構造がはっきりしていない場合、または内容の関係性が暗示されているだけで、明示的でない場合でも、長い発話を理解できる。(C1 受容)
④複雑な話題について、明瞭にきちんとした構造を持ったテクストを書くことができる。関連性のある重要点を強調して、補助的事項、理由、関連する詳細な事例を付け加えて、論点を展開し、それを維持していくことができる。最後に適切な結論で終わることができる。(C1 産出)
⑤自分が述べたいことをはっきりと正確に表現することができ、相手に対して、柔軟に効果的に対応することができる。
授業の方法 授業は、学生が予習をして文法の意味を知った上で、講義形式を中心に、作文(知識の定着)および口頭での練習を通して、適切な使用に向けた授業を展開する。授業中において文章作成・口頭発表などの活動も行う。受講者の積極的な参加が求められる。また、3課ごとに確認テストを実施し、テスト後には授業内ではフィードバックを行う。
授業外の学修(予習・復習等) 授業中において学修した内容を定着させるために、以下のように授業外の学修が必要です。①授業の予習、復習が自主的かつ積極的に取り組むこと、②毎回課した宿題を自主的に完成すること、③日本人学生と積極的に交流し、日本文化を柔軟に吸収すること、④日本の新聞やテレビを積極的に利用して習った知識をさらに深めること。
テキスト・参考書 テキスト:
①『新完全マスター文法 日本語能力試験N1』
②『日本語文型辞典』各国語版
成績評価の基準・方法 ①授業への貢献度(10%)、②授業内の小テスト(10%)、③授業内の課題(20%)、④共通課題(10%)、⑤確認テスト(15%)、⑥学期末試験(35%:筆記試験20%、J-CATテストの目標スコア到達度15%)

※J-CATテストのスコア別得点は、250点以上15%、249-240点9%、229-220点6%、219-210点3%209点以下0%である。

秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、59点以下不合格
この科目の履修にあたって 授業の到達目標を参考にして、自らの学修計画を作成しましょう。その際JLPTの受験を必ず目標に入れ、7月あるいは12月のJLPT試験を受験しましょう。また、授業には必ず出席し「能動的に」受講してください。予習・復習は必須です。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の流れ、評価の方法等の説明
リスニング1

第2回 事柄を説明するための文法(1)

1.リスニング1
2.文法
  時間関係を表す文法1

第3回 事柄を説明するための文法(2)

1.リスニング2
2.文法
 (1)時間関係を表す文法2
 (2)範囲の始まり・限度を表す文法1

第4回 事柄を説明するための文法(3)

1. リスニング2の練習問題
2.文法
 (1)範囲の始まり・限度を表す文法2
 (2)限定・非限定・付加を表す文法1

第5回 事柄を説明するための文法(4)

1.リスニング3
2.文法
  限定・非限定・付加を表す文法2

第6回 事柄を説明するための文法(5)

1.リスニング3の練習問題
2.文法
  例を示すための文法

第7回 事柄を説明するための文法(6)

1.リスニング4
2.文法
  関連・無関係を表す文法1

第8回 事柄を説明するための文法(7)

1.リスニング4の練習問題
2.文法
 (1)関連・無関係を表す文法2
 (2)様子を表す文法1
●確認テスト1

第9回 事柄を説明するための文法(8)

1.リスニング5
2.文法
 (1)様子を表す文法2
 (2)付随行動を表す文法1

第10回 事柄を説明するための文法(9)

1.リスニング5の練習問題
2.文法
  逆接を表す文法1

第11回 事柄を説明するための文法(10)

1.リスニング6
2.文法
 (1)逆接を表す文法2
 (2)条件を表す文法1

第12回 事柄を説明するための文法(11)

1.リスニング6の練習問題
2.文法
 (1)条件を表す文法2
 (2)逆接条件を表す文法1

第13回 事柄を説明するための文法(12)

1.リスニング7
2.文法
 (1)逆接条件を表す文法2
●確認テスト2

第14回 事柄を説明するための文法(13)

1.リスニング7の練習問題
2.文法
 (1)目的手段を表す文法
 (2)原因・理由を表す文法1

第15回 事柄を説明するための文法(14)

1.リスニング8
2.文法
  原因・理由を表す文法2

第16回 前半の総括

1.リスニング8の練習問題
2.文法

第17回 主観を含めて説明するための文法(1)

1.リスニング9
2.文法
  可能・不可能・禁止を表す文法1

第18回 主観を含めて説明するための文法(2)

1.リスニング9の練習問題
2.文法
 (1)可能・不可能・禁止を表す文法2
 (2)話題・評価の基準を表す文法1

第19回 主観を含めて説明するための文法(3)

1.リスニング10
2.文法
 (1)話題・評価の基準を表す文法2
 (2)比較対象を表す文法1

第20回 主観を含めて説明するための文法(4)

1.リスニング10の練習問題
2.文法
 (1)比較対象を表す文法2
 (2)結末・最終の状態を表す文法1
●確認テスト3

第21回 主観を含めて説明するための文法(5)

1.リスニング11
2.文法
 (1)結末・最終の状態を表す文法2
 (2)強調を表す文法1

第22回 主観を含めて説明するための文法(6)

1.リスニング11の練習問題
2.文法
  強調を表す文法2

第23回 主観を述べるための文法(1)

1.リスニング12
2.文法
  主張・断定を表す文法1

第24回 主観を述べるための文法(2)

1.リスニング12の練習問題
2. 文法
 (1)主張・断定を表す文法2
 (2)評価・感想を表す文法1

第25回 主観を述べるための文法(3)

1.リスニング13
2.文法
 (1)評価・感想を表す文法2
 (2)心情・強制的思いを表す文法1
●確認テスト4

第26回 主観を述べるための文法(4)

1.リスニング13の練習問題
2.文法
  心情・強制的思いを表す文法2

第27回 主観を述べるための文法(5)

1.リスニング14
2.文法
  心情・強制的思いを表す文法3
  実践練習問題

第28回 実践練習問題1

1.リスニング14の練習問題
2.文法
  実践練習問題

第29回 実践練習問題2

1.リスニング15
2.文法
  実践練習問題と解説

第30回 実践練習問題3

1.リスニング15の練習問題
2.文法
  実践練習問題と解説