トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本語Ⅱ
   Japanese Ⅱ
授業科目区分
日本語および日本事情に関する科目
担当者 井ノ口 智佳(講師),丸島 歩(准教授),仲島 淳子(講師),渡邉 映子(講師),仲本 早紀(講師),藤井 瑠美(講師)
グレード G2
テーマ 日常的な場面で使われる日本語をある程度理解することができる
キーワード 文法,作文
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 本科目は日本語Ⅰと併せて、日常的で身近な話題や個人的に関心のある事柄について、日本語で情報を求める、個人的な意見を述べる、情報を与える、得た情報を活用するということができるようになることを目的としている。そのため、授業では、読む、書く、話すといったスキルを総合的に向上させると同時に、表現したり読みとるために必要な文法を学修する。大学での学修やひいては大学卒業後に日本での就労も視野に入れ、継続的に日本語を学修する上での礎を築いていく。
履修条件 ①留学生であること、②日本語Ⅰを同時に履修すること。
科目の位置づけ(DPとの関連) 共通教育科目・基礎科目・留学生科目です。プレ―スメントテストによってクラスを分けます。
学修の到達目標 ①非常によく用いられる、日常的、もしくは仕事関連の言葉で書かれた、具体的で身近な事柄なら、短い簡単なテクストが理解できる。
②「そして」「しかし」「なぜなら」などの簡単な接続詞でつなげた、家族、生活環境、学歴、現在または最近の仕事について、簡単な句や文を連ねて書くことができる。
③もし必要がある場合に相手が助けてくれれば、予め決まっているような状況、短い会話でなら、比較的容易に対話ができる。余り苦労しなくても日常での簡単なやり取りができる。予測可能な日常の状況ならば、身近な話題についての考えや情報を交換し、質問に答えることができる。
④ゆっくりとはっきりと話されれば、具体的で身近な話題や最も直接的な話題(自分・家族・買い物・地理・仕事)など予測可能な日常の事柄に関する句や表現を聞いて理解し、必要な情報を取り出すことができる。

授業の方法 授業は、学生が予習をして文法の意味を知った上で、講義形式を中心に、作文(知識の定着)および口頭での練習を通して、適切な使用に向けた授業を展開する。授業中において文章作成・口頭発表などの活動も行う。受講者の積極的な参加が求められる。また、3課ごとに確認テストを実施し、テスト後には授業内ではフィードバックを行う。
授業外の学修(予習・復習等) 授業は、学生の予習が前提で進められる。そのため、確実に学習項目を身に付けるためには、学習項目の文法の意味を各自が把握した上で授業に参加することが求められる。また、授業において学修した内容を定着させるために、①毎回課した宿題を自主的に完成すること、②日本人学生と積極的に交流し、学習した文法項目を使用すること、③日本の新聞やテレビを積極的に利用して習った知識をさらに深めることが求められる。
テキスト・参考書 テキスト:
①『日本語文型辞典』各国翻訳版
②『新完全マスターN3文法』

成績評価の基準・方法 ①授業への貢献度(10%)、②授業内の小テスト(10%)、③授業内の課題(10%)、④共通課題(10%)、⑤確認テスト(15%)、⑥学期末試験(45%:筆記試験25%、J-CATテストの目標スコア到達度20%)

※J-CATテストのスコア別得点は、200点以上20%、199-190点16%、189-180点12%、179-170点8%、169-160点4%、159点以下0%である。

秀:90点以上、優:80点以上、良:70点以上、可:60点以上、59点以下不合格
この科目の履修にあたって 文法の規則を覚えたり、書かれているものを見てわかるるだけでは外国語で交流できるようになりません。話すためには、文法や言葉を知っていて、それを使う方法も知っていることが必要です。授業で学んだことを、授業外でも積極的に使ってみましょう。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の進め方、成績付与の方法等の説明

第2回 文法1

1.小テスト
2.文法
1課
 1~うちに
 3~てからでないと
 4~ところだ・~ところ
2課
 1~とおりだ・~とおり(に)

第3回 文法2

1.小テスト
2.文法
2課  
 3~たびに
 4~ば~ほど
 5~ついでに
3課
 1~くらいだ

第4回 文法3

1.小テスト
2.文法
3課
 3~くらいなら  
 4~に限る
4課
 1~にたいして

第5回 文法4

1.小テスト
2.文法
4課
 2~半面  
 3~一方(で)
 4~というより
 5~かわりに

第6回 文法5

1.小テスト
2.文法
5課
 2~によって
 3~から、~ことから
 5~~のだから
6課
 2~ては、~(の)では

第7回 文法6

1.小テスト
2.文法
6課
 3~さえ~ば
 4たとえ~ても
7課
 1~ということだ、~とのことだ
 2~といわれている

第8回 文法7

1.小テスト
2.文法
7課
 3.~とか
 4.~って
 5.~という
8課
 1~はずがない

第9回 文法8

1.小テスト
2.文法確認テスト①(1~6課)
3.文法
8課
 2.~とは限らない
 3.~わけではない

第10回 文法9

1.小テスト
2.文法確認テスト①のフィードバック
3.文法
8課
 4.~ないことはない
 5.~ことは~が、
9課
 1.~てもらいたい
 2.~(さ)せてもらいたい

第11回 文法10

1.小テスト
2.文法
9課
 3.~といい
10課
 1.命令/禁止
 2.~こと
 3.~べきだ

第12回 文法11

1.小テスト
2.文法
11課  
 2.~ようにする
 4.~つもりだ
12課
 1.尊敬語

第13回 文法12

1.小テスト
2.文法
12課
 2.謙譲語1
 3.謙譲語2
 4.丁寧語

第14回 文法13

1.小テスト
2.文法練習問題(11課・12課)解説
3.文法まとめ問題(1課~12課)解説
4.文法
  B 1.~について
   2.~に対する

第15回 文法14

1.小テスト
2.文法
  B 3.~によって
   4.~にとって
   5.~として

第16回 文法15

1.小テスト
2.文法確認テスト②(7~12課)
3.文法
  C「こと」だけを使う場合  ~は・・・ことだ

第17回 文法16

1.小テスト
2.文法確認テスト②のフィードバック
3.文法
  C「こと」だけを使う場合  ~ことがある  ~ことはない

第18回 文法17

1.小テスト
2.文法
  C「の」だけを使う場合  a.~c.

第19回 文法18

1.小テスト
2.文法
  C「の」だけを使う場合
 d 1.~かのようだ  2.~ように  3.~ように

第20回 文法19

1.小テスト
2.文法
  F 3.~ばかりでなく  4.~ばかりだ

第21回 文法20

1.小テスト
2.文法
  F 5.~たばかりだ
  G「する」と「なる」の使い分けの基本  
  「~にする・~くする」「~になる・~くなる」
  (初級の復習

第22回 文法21

1.小テスト
2.文法確認テスト③(A~E)
3.文法
  G「~にする・~ことにする(復習)」
  「~にしている・ことにしている(復習)」

第23回 文法22

1.小テスト
2.文法確認テスト③のフィードバック
3.文法
  G「~になる・~ことになる」
  「~になっている・~ことになっている」  

第24回 文法23

1.小テスト
2.文法(完全マスター)
  G ~ようにするA/~ようになる/~ようになっている
   ~ようにするB

第25回 文法24

1.小テスト
2.3.文法
  H  1.~と…た(A~C)

第26回 文法25

1.小テスト
2.文法
  H  2.~と…た  3.~も…ば~も…

第27回 文法26

1.小テスト
2.文法
  ・J
  ・B(残り)
  ・第2部P105、P111、112~113

第28回 文法27

1.小テスト
2.文法確認テスト④(G~J)
3.文法
  ・受身復習
  ・模擬試験第1回(P148~151)

第29回 文法28

1.小テスト
2.文法確認テスト④のフィードバック
3.文法
  ・使役、使役受身復習
  ・模擬試験第2回(P15

第30回 文法29

模擬試験と解説