トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 中国語会話
   Chinese Conversation
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(異文化理解分野)
担当者 姜 若冰(准教授)
グレード G2
テーマ 日常会話で中国語を楽しもう
キーワード 中国語,会話  ,コミュニケーション能力,国際交流
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
1

授業の目的及び概要 この授業は、中国語の中でも、特に「聞く・話す」に重点を置き、様々な生活場面を想定して中国語会話を実践的に学ぶ。具体的には、発音矯正を受け、中国語の発音をマスターし、簡単な日常会話を聞き取り、かつ簡単な中国語が話せるようになることを目指す。授業では、ペアワークやグループワークを取り入れ、履修生が能動的に学修しながら中国語運用能力を高めることを目指す。また、授業を通して、現代中国の文化や社会の一端を理解する。
履修条件 本学の「中国語Ⅰ」・「中国語Ⅱ」を履修済み、あるいはそれに相当する中国語学修歴のある受講生が望ましい。
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目は、共通教育科目の「総合科目」である。
この科目は、経済学部の学位授与方針(DP)に定める「外国語の活用能力」、「幅広い教養」、「国際感覚」を身につけるための科目である。
この科目は、法学部の学位授与方針(DP)に定める「豊かな表現力」、「幅広い教養」、「実践感覚」を身につけるための科目である。
この科目は、国際学部の学位授与方針(DP)に定める「豊かな国際感覚」、「優れコミュニケーション能力」、「幅広い教養」を身につけるための科目である。
学修の到達目標 自己紹介や日常会話ができるレベルの語学力を身につけ、また会話を通して中国の文化・慣習を理解することを目標とする。
授業の方法 会話練習をしながら、発音矯正、語彙の補充、文法の実用的な説明も行う。具体的には、「挨拶」、「自己紹介」、「買い物」、「道尋ね」など、それぞれの場面に即して会話練習を行う予定だが、受講者のレベルに合わせて内容及び授業形式を調整する。
授業外の学修(予習・復習等) テキスト等で予習・復習を行ったうえで、授業に臨んで下さい。
テキスト・参考書 授業中指示する。
成績評価の基準・方法 授業中課題及び小テスト(50%)、期末スピーチ発表(50%)
この科目の履修にあたって
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 はじめ

授業のガイダンス

受講者のレベルに合わせて授業の方法及び具体的内容を決める

第2回 会話練習Ⅰ

挨拶の基本(1)

第3回 会話練習Ⅱ

挨拶の基本(2)

第4回 温故知新Ⅰ

学習成果の確認

第5回 会話練習Ⅲ

日常会話

第6回 会話練習Ⅳ

日常会話

第7回 会話練習Ⅴ

日常会話

第8回 温故知新Ⅱ

学習成果の確認

第9回 会話練習Ⅵ

日常会話

第10回 会話練習Ⅶ

日常会話

第11回 会話練習Ⅷ

日常会話

第12回 温故知新Ⅲ

学習成果の確認

第13回 実践タイムⅠ

対話練習(1)

第14回 実践タイムⅡ

対話練習(2)

第15回 総括

まとめ、講評