トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 日本語総合演習B
   Japanese Seminar B
授業科目区分
日本語および日本事情に関する科目
担当者 赤城 永里子(准教授),井ノ口 智佳(講師),久保田 育美(講師),高月 喜美(講師),仲島 淳子(講師),仲本 早紀(講師),尹 惠彦(講師)
グレード G2
テーマ 日常的な場面で使われる日本語の理解に加え、より幅広い場面で使われる日本語をある程度理解することができる。
キーワード 読解,作文,会話,聴解
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要 本科目は、留学生対象の授業である。日本語読解の授業で扱った内容について、①内容をまとめる、②レポートを作成するといった練習を行い、主に「読む・書く」の2つの技能を向上させる。
履修条件 留学生対象の授業であり、日本語総合演習Aと関連しているため、日本語総合演習Aの春学期履修が望ましい。
科目の位置づけ(DPとの関連) 共通教育科目・基礎科目・留学生科目である。プレ―スメントテストによってクラスを分ける。
学修の到達目標 本科目の到達目標は以下のとおりである。
①ざっと目を通しただけで、長い複雑なテクストの重要 事項を見定めることができる。
②幅の広い専門的な話題についての情報や記事、レポートの内容やその重要度をすぐに見抜き、綿密な読解の価値があるかどうかを決めることができる。
③もし難しい箇所を読み返すことができれば、条件や警告の詳細までも含めて、自分の関係分野の長く複雑な説明を理解できる。
④実際、もしくは想像上の出来事や経験について、複数の見解を相互に関連づけ、当該ジャンルの表記方法に従って、明瞭かつ詳細に記述文を書くことができる。
⑤論拠、論点を整然と展開して、エッセイやレポートを書くことができる。重要な点や関連する補足事項の詳細を、適切に強調することができる。
授業の方法 授業は、教員が準備した資料材を用いて、1つのテーマについて、話す、聞く、読む、書く活動を取り入れた活動による授業を行う。受講生の能動的かつ積極的な参加が求められる。
授業外の学修(予習・復習等) 授業中において学修した内容を定着させるために、以下のように授業外の学修が必要である。①授業の予習、復習に自主的かつ積極的に取り組むこと、②毎回課した宿題を自主的に完成すること、③日本人学生と積極的に交流し、日本文化を柔軟に吸収すること、④日本の新聞やテレビを積極的に利用して習った知識をさらに深めること。
テキスト・参考書 資料を配布
成績評価の基準・方法 以下の諸要素を総合的に勘案して判断する。
①授業への貢献度(10%)、②課題の完成度(30%)、③授業内の発表(20%)、④学期末レポートの提出(40%)
この科目の履修にあたって 日本語を使って、読んでレポートにすることを中心にする授業です。大学での学修に必要なアカデミックな力を身につけましょう。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

授業の流れ、評価の方法等の説明

第2回 要約

授業の流れ、評価の方法等の説明

第3回 テーマ1(1)

読解

第4回 テーマ1(2)

テーマ1で読んだ内容を要約する

第5回 テーマ1(3)

レポートの構成を学ぶ

第6回 テーマ1(4)

テーマ1に関してレポートを作成する

第7回 テーマ1(5)

テーマ1に関するディベート

第8回 テーマ2(1)

読解
読んだ内容を要約する

第9回 テーマ2(2)

テーマ2に関連する内容を読み、理解を深める(1)
読んだ内容を要約する

第10回 テーマ2(3)

テーマ2に関連する内容を読み、理解を深める(2)
読んだ内容を要約する

第11回 テーマ2(4)

テーマ2に関するディベート

第12回 テーマ3(1)

読解
読んだ内容を要約する

第13回 テーマ3(2)

テーマ3に関連する内容を読み、理解を深める(1)
読んだ内容を要約する

第14回 テーマ3(3)

テーマ3に関連する内容を読み、理解を深める(2)
読んだ内容を要約する

第15回 テーマ3(4)

テーマ3に関するディベート