トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 総合演習a
   Seminar in General Science a
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(学際分野)
担当者 服部 良子(客員教授)
グレード G2
テーマ 日本の「働き方」について総合的に理解を深める。
この数年,「働き方改革実行計画」など日本政府の政策において労働の占める位置は大きい。その理由や背景を政策の視点から考える。
キーワード 労働,ワークライフバランス,キャリア形成,ジェンダー,ポジティブアクション,日本的経営と日本的労使関係
開講年度
2018
開講時期
配当年次
2・3・4
単位数
2

授業の目的及び概要  現在の働き方の特徴を学び理解する。具体的には,
1)労働についての経済学理論にもとづき,
2)働き方の歴史的変化を確認する。さらに
3)人間の生活全体の視点(ワークライフバランス,社会保障政策など)をもって,働くことを位置づける。
4)働くことの具体的ケースに接しながら学び,労働についての分析力と想像力を養いと職業選択に関する判断力を形成する。
 また,現在,職業選択と働き方について男女差(ジェンダー差)があることを理解する。ただし,男女の差は世界的にも,また日本でも縮小減少しつつある。この実態も把握することが目的である。
履修条件 パソコン及びワード,エクセル,パワーポイントの利用を予定している。
積極的でまじめな参加を期待する。
科目の位置づけ(DPとの関連) 共通教育科目・総合科目(学際分野)

 一般教養や総合科目において取り上げた内容について、学部の専門と平行し、さらに継続的に演習という少人数クラスで学修できる場を提供するものであり、2年次から4年次を対象とした春学期の演習科目です。
学修の到達目標 1.労働や働くこと・働き方についての分析力と想像力を養う。
2.進路・職業選択に関する判断力を形成する。
3.キャリア形成を理解し,キャリア形成の展望をもつ。

スキルとしては,以下をめざす。
1.文献,資料を読み取る。
2.実情やケースから状況を把握する。
3.1や2をもとに報告や討論をおこなう。
4.3を文章としてまとめる。
5.ワード,エクセル,パワーポイントを利用する。
6.資料探索をする。
授業の方法  授業は,
①テキストや映像資料にもとづく討議,発表(口頭,パワーポイント利用など),
②企業・施設見学などフィールドワーク,
③ゲストを招いてのインタビュー授業,などを予定している。

 ・毎回の講義にレスポンスレポート(A5)提出を求める。
 ・見学,ゲスト講義の実施については「随時」授業計画を通じて更新して発表する。
授業外の学修(予習・復習等) 1.新聞などで最新のニュースを絶えず確認する。
2.「働き方」,「労働」関係の書籍やテレビ番組をチェックする。
3.以下の番組視聴あるいは内容チェックする。
   クローズアップ現代(NHK総合),BSドキュメンタリー(NHKBS),ガイアの夜明け,など。
テキスト・参考書  テキストは,配付資料をもって対応する。
 参考文献は,演習開講時にリストを提示する。
成績評価の基準・方法 以下の総合評価とする。
1.レスポンスレポート提出(毎回,ただしごく短いもの)
2.参加度(発言,討論,報告)
3.最終レポート提出(2000字程度)
この科目の履修にあたって  大学の科目履修としてでなく,自らの人生の時間軸において「働くこと」・「働き方」を考える機会としてほしい。それには,自分と向き合うことだけでなく,社会をよく知ることが必要である。
 知識はそれぞれのときに応じてアップデートしなくてはならない。知識は陳腐化するし,情報の詰め込みは一時のものである。しかし,「判断力」と「想像力」はいま鍛えておけば一生使える。この演習を「判断力」と「想像力」獲得の機会ととらえてほしい。
 ちなみに,想像力とは,多くのことを知り学び考えるひとが,学んだことを前提に“全く従来と異なる新しいこと”を考えることができる力である。多くを学ぶことなくして人間の想像力は機能しない。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 イントロダクション

総合演習の進め方について説明

日本の働き方について考えよう。自分の働き方を予想しよう。

ワーク1) 働くことを考える
ワーク2) “働く”ことの“自分の希望あるいは目標”を考える

第2回 労働市場①

日本の働き手について知る

第3回 労働市場②

職業紹介と職業訓練

第4回 労働市場③

総括討論

第5回 日本的経営①

企業の中のキャリア形成

第6回 日本的経営②

男女別雇用管理

第7回 日本的経営③

社会保障制度との関係

第8回 日本的経営④

総括討論

第9回 働き方とキャリア形成①

転職とキャリア形成

第10回 働き方とキャリア形成②

子育てと両立

第11回 働き方とキャリア形成③

経営者の視点から

第12回 働き方とキャリア形成④

働くひとの視点から

第13回 働き方とキャリア形成⑤

総括討論

第14回 働き方改革

なぜ,今か?

第15回 まとめ

キャリアを描く