トップページ | シラバス |  
 
    授業内容詳細

 フィットネス実習B
   Fitness Practice B
授業科目区分
共通教育科目・総合科目(健康分野)
担当者 勝 健真(助教),勝 英雄(客員教授)
グレード G2
テーマ 基礎体力を高めることを目指す
キーワード 基礎体力,筋力,持久力,柔軟性
開講年度
2018
開講時期
配当年次
1・2・3・4
単位数
1

授業の目的及び概要 この授業は、「フィットネス実習A」に引き続き、基礎体力、筋力、持久力、さらに柔軟性を向上させる取組を通して、一定以上の基礎体力を身につけることを目的としています。具体的には、さらに強度の高いトレーニング方法を行い、自身の基礎体力や筋力、持久力の向上を目指していきます。
履修条件
科目の位置づけ(DPとの関連) この科目では、学位授与方針(DP)を基に、学生が本学における学修と経験を通じて身につける能力のうち「幅広い教養」を身につけます。
共通教育科目の「総合科目(健康分野)」に位置付けられています。
学修の到達目標 ・目的に応じてトレーニングを行うことができる。
・自分に合ったトレーニングメニューを作成することができる。
・自身の体への気づきの能力が高まる。
・学期前と学期後で自身の基礎体力が向上している。
授業の方法 授業は実技形式で行います。
基礎体力の測定を行い、各自の体力を把握して各種トレーニングを実施します。
実施場所は、基本的には体育館とトレーニングルームで行います。
毎回各自が行ったトレーニングをトレーニングシートに記入し、気づいた点や修正すべき点等について、次回の授業で説明を行います。
授業外の学修(予習・復習等) 授業で学んだトレーニング方法を、授業以外の日にも実践し、自身の基礎体力、筋力等の向上に努めてください。
テキスト・参考書 スポーツトレーニングの基礎理論(若松和紀:西東社)
短時間で思い通りのカラダをつくる筋トレボディメイク・メソッド(石井直方他:ナツメ社)
成績評価の基準・方法 授業への積極的な参加度:60%
上達度:20%
知識:10%
コミュニケーションやマナー等:10%
この科目の履修にあたって 警察官や消防官になるためには、筆記試験や面接試験に加えて体力試験があります。公安系の職業を目指している人にとっては、基礎体力の向上が欠かさないので、ぜひ積極的に履修をしてください。また、公安系の職業を目指していない人でも、自分の基礎体力や筋力を高めたいと思っている人は、大歓迎です。
オフィスアワー 各教員のオフィスアワー受付曜日・時間・場所については、本学Webサイトの「オフィスアワー」ページに掲載しています。
<アクセス方法>
大学Webサイトの[トップページ]→[キャンパスライフ]→[教務情報]→[オフィスアワー]
<URL>
http://www.keiho-u.ac.jp/campuslife/affairs/officehour.html

授業の内容や学習上の問題などについて質問や相談を行いたい場合は、実施曜日・時限を確認のうえ実施場所を訪れてください。
※なお、非専任講師については、担当授業前、終了後の教室や講師控室等での質問、相談を受け付けています。


第1回 ガイダンス

体育館で実施。
運動服の更衣は不要。

第2回 体力測定①

第1回の体力測定を体育館で実施。

第3回 最大筋力の測定①

第1回の最大筋力の測定をトレーニングルームで実施。

第4回 トレーニングメニューの作成

各自の目的に応じたトレーニングプログラムの作成

第5回 トレーニング①

個別プログラムに基づいたトレーニングの実施①。

第6回 トレーニング②

柔軟性を高めるトレーニング①
個別プログラムに基づいたトレーニングの実施②。

第7回 トレーニング③

柔軟性を高めるトレーニング②
個別プログラムに基づいたトレーニングの実施③。

第8回 体力測定②

第2回の体力測定を体育館で実施。

第9回 最大筋力の測定②

第2回の最大筋力の測定をトレーニングルームで実施。
トレーニングプログラムの見直し。

第10回 トレーニング④

ストレッチポールを用いた運動①
個別プログラムに基づいたトレーニングの実施④

第11回 トレーニング⑤

ストレッチポールを用いた運動②
個別プログラムに基づいたトレーニングの実施⑤。

第12回 トレーニング⑥

ストレッチポールを用いた運動③
個別プログラムに基づいたトレーニングの実施⑥。

第13回 トレーニング⑦

有酸素運動(長距離走)。

第14回 最大筋力の測定③

個別プログラムに基づいたトレーニングの実施。

第15回 体力測定③

第3回の体力測定を体育館で実施。