教員紹介

田中 慎吾

准教授 Associate Professor

田中 慎吾 (TANAKA, Shingo)
最終出身学校・学位 大阪大学大学院国際公共政策研究科
博士(国際公共政策)
主な担当科目 アメリカ史、アメリカ外交史、核と安全保障、国際政治I&II、演習I&II
専門分野
(現在の研究課題)
国際政治、外交史
(1958年日米英原子力研究協定の成立過程の解明)
(トルーマン政権の対北東アジア政策における朝鮮半島の意義)
キーワード 日米関係、日英関係 戦後北東アジアの秩序形成

詳細情報&メッセージ

主要著作・論文 <著書(共著)>
「対日講和における核エネルギー規制条項の変遷―日本に与えられた自由とその限界―」、神余隆博・星野俊也・戸崎洋史・佐渡紀子(編)『安全保障論 ―黒澤満先生古稀記念』(信山社、2015年)

<論文>
「「日米原子力研究協定」への道程‐米国における核兵器使用の記憶と冷戦戦略」、田中慎吾、『同志社アメリカ研究』第52号(2016年)、1-17頁。

<学会報告>
「日英原子力協定(1958年)-パックス・アメリカーナ下における日英協調の模索と破綻?」、2018年国際安全保障学会研究大会(2018年)
所属学会 国際政治学会、国際安全保障学会等
趣味 ハイキング、旅行等
教育・研究について 20世紀に誕生した核エネルギーに焦点を当てた日米関係を研究しています。
受験生にひとこと 学ぶ楽しさを知って下さい。
フリーメッセージ 過去に目を閉ざすものは、現在に対しても盲目となる。


学部・学科・大学院

Faculty & Graduate

大学案内 資料請求
オープンキャンパス